Nov 242012
 

Saturday 1st December “Live music at the Kanalian”

 

Door open 7pm Concert starts 7:30pm

 

Entrance fee 2,000yen (include 1 drink and curry & rise)

 

 Come join us for a night of soulful live music !

 

The musician Pakpoe, is a 2nd generation Korean born in Japan and he will be singing Japanese, & Korean & English songs, as well as playing the guitar, piano and harmonica.

His soothing songs include 『あるがままに』which translates as 『Be true to your self』, a song expressing the sentimental feelings.

His songs advocate peace for the world, and are influenced by Japanese, and Korean and Okinawan folk songs as well as early American rock in a style of Bob Dylan.

Grab this chance to immerse yourself in relaxing music with your friends and interact with Pakpoe.

 

カナリアン パクポー ライブ 

 

12月1日(土)開場19時 開演19時半 会費2,000円

 

(1ドリンク&カレーライス付き)
Aug 172012
 

Travel Japan by Train ? by Bus ? Try Hitchhiking !

 

Santa Hitch-hiked over 6,000km around Japan. We interviewed her at Kanalian after her trip.

Interviwer Shaun

Why did you decide to hitchhike in Japan? Is hitchhiking just a way to get from one place to another?
Of course not. It’s a lot more than that. I never go sightseeing, and the most important thing is to talk with local people and stay with them. I wanted to see people’s regular day; what they do when they get up, and so on.Hitchhiking is the best way to do accomplish that. On the first day my friend in Tokyo took me to a highway service area, and I stood just outside the area and put my thumb out. I was nervous and expected to be there for hours, but it was maybe three minutes.

How much Japanese did you speak before you started your trip?
I understood the questions people asked, but I couldn’t put a sentence together.
But, I spoke for many hours every day and used my Japanese a lot. So now I can talk for hours non-stop. I talk too much.

Where did you hitchhike to?
I started in Tokyo and went to Soya Misaki, Hokkaido, the northernmost part of Japan. Then from Wakkanai I went to Kagoshima the southernmost of Kyushu, and from Kagoshima back to Tokyo.

How is Hitchhiking in Japan ?
Japan is the best country for hitchhiking in the world.
People are willing to help. They want to create a good impression of Japan and Japanese people for you. Even the Japanese police are very nice. And I think in Japan it’s much safer. Here people usually pick you up not because they want you to entertain them or something else, but because they’re worried about you.

How long did your trip take?
About one and a half months. I started at 6 or 7 in the morning, and I was at my destination at 12 or 1.

How many people picked you up?
About 200.  I didn’t have many long rides, except if I was lucky enough to find one in a highway service area that was going to my destination for the day.

So how do you find someone who’s going to your destination?
It’s very easy, because every car’s number plate shows the prefecture where the person lives. So I looked at the number plates and find one with the prefecture I want to go, and wait for them to come to the car. When Japanese people see a single backpacker waiting, they will go to the person on their own and ask where they’re going and offer a ride.

So if you come back to Japan again, will you hitchhike again?
I think I’ve already seen a lot of Japan, so if I hitchhike it would be the same roads again. Next time, I will walk.

Dec 162011
 

『 FRYING DUTCHMAN /フライングダッチマン』 の Human Error(ヒューマンエラー)という曲は、日本の電力の構図と、今後のエネルギーシフトをダイレクトに物語り、福島第一原発事故から今まで言えなかった実際の声を集約したソウルフルな叫び! 1曲 /17分の大作。

今までの『原発による依存社会』から『原発に頼らない未来』にするためには、もっともっと多くのアーティストが様々な分野で表現を通じて、これからを担う世代へと伝えていかなければなりませんが、その活動を支えるには、多くの方々の協力を必要としています。

FRYING DUTCHMAN http://fryingdutchman.jp/

Dec 052011
 

Pakpoe Live 朴保ライブ『Talking Together ~私たちはどこへ?』

12月10日(土)開場19時 ・ 開演19時30分

会場 ゲストハウス・カナリアン 会費 2,000円(1ドリンクとカレー付き)

この曲は『夜を駆けて』(主演 山本太郎)の音楽を担当された主題歌『いつの日にかきっと』

Pakpoe 朴保(パクポー)さんのライブ『一緒に話そう〜Talking Together 』を12月10日(土)の夜7時半からカナリアンで行います。

2011年3月11日の東日本を襲った大地震と津波、福島第一原子力発電所の事故から今にいたるまで、様々な思いや、これから私たちに出来る事を皆で話してみようよ!という『ライブ&トーク』です。

朴保さんは、全国のピースフェスティバルで、人権集会や脱原発運動などでも子供からお年寄りまで歌を通じて問題意識を語りかけ、沖縄の基地問題やアイヌの祭り、南北朝鮮半島の統一などでは民族の壁を超えた『平和』を伝える音楽活動を30年間続けています。http://www.pakpoe.com/

その歌はメッセージロックと呼ばれ、聞く人の心に響く歌声と、曲に込められた言葉から、潜在していた勇気とパワーが沸き上がり、そして再び熱い思いに問い返えされる。いつまでモヤモヤとしているのか?一生は一度しかなく、なぜに『今』をいたずらに過ごしているのか?そうまだ間に合う、少しずつでいい、これから始めてみようと!

みなさんぜひ『朴保ライブ』&『Talking Together~私たちはどこへ?』へお越しください。
李哲也

Nov 042011
 

アンサンブル・ジェネシス新作公演『エウリディーチェの嘆き』

11月5日(土)午後3時/夜7時、6日(日)午後3時 KAAT 神奈川芸術劇場にて公演

その音楽は、奥深しい懐かしさがあり、聞いた事のない不思議なメロディーと、古楽器による演奏。

変則的な音の連続からなる構成は物語を帯び、バロックと現代音楽を一つにして出来上がった作品。

映像と踊りも取り入れたオペラ上演!ぜひ見に来てください。

『 Grief of Euridice 』by Ensemble Genesis

Baroque and contemporary music unified together with dance and visual performed as a play; an Opera written by Ovidius, this is the story of Metamorphoses.

When I went to the  Ensemble Genesis concert in 2010 it was like a merry-go-round of nostalgia, emotional, and sentimental feelings through the music.

The music is like passing people at an intersection in which every moment you forget and remember at the same time.

Thanasis, from Greece, who stayed last year at Kanalian, wrote part of this music. I was glad to see it again this weekend at the Yokohama KAAT Theater !

5th(sat) Nov, start from 15:00 & 19:00 ( open 30minute before)

6th(sun) Nov start 15:00 (open 30minute before) / total 80minutes

Ticket advance 3,500yen, at door 3,800yen, student 3,000yen

KAAT Theater  / 281 Yamashitachou Nakaku Yokohama / Tel  045-633-6500

(5minutes walk from Nihon Odouri stn Minato Mirai line / http://www.kaat.jp/)

Aug 302011
 

 
人は恋をする、そして人生がはじまる。

独身男女へ気持ちを込めて伝えたい『 恋をしよう!』と。

いつしかサイクル的な時間の流れに追われて、仕事と休日の繰り返しで歳月が過ぎていく。

インターネットの普及からか、他者とのコミュニケーションが希薄になり、人が交流しあう機会と語り場も少なくなって、ここ最近は30代、40代の独り者が増え続けているようです。

日常が画面に独占され、パソコンや携帯からインターネットが繋がり、家に帰るとテレビをつける。

そう朝目覚めてから寝るまで画面と接して生活をしている現代社会。

画面(インターネット)から様々な情報を得て、疑似的な感覚が生まれ、ボーダーレスなコミュニケーションが出来る素晴らしさと同時に、とても習慣性がある時間つぶしのツールだとも思います。

そこにあるのは、指先で奏でる言葉(キーボード)を元に画面がその世界を提示する。いかなる時も、自分本位であって便利ではあるけれど、不都合で矛盾だらけな人間関係ではそううまくはいきません。

いつからか自分の気持ちを押さえている日常が普通になり、とても大事な気持ち『感情の泉』を枯らしてしまい、自分の気持ちに正直でいられない事が多くなっているのでは?と感じてやみません。

親から生を与えられて今の自分があるわけで、いつしか愛する人と共に子供を授かれる環境であれば、ぜひ自分がこの世に生まれた恩返しと感謝の気持ちで、新たな『いのち』を育んでください。生命の尊さに感動し、子供を育てる責任から、子供が大人であり、子供である親を成長させる事に気付きます。

毎日は同じではありません。今を大切に、自分の心を開放すると、人は出会うべき時に巡り合います。

みなさんは今年の夏をいかが過ごしましたか?

李哲也
 

Beef + Jacqueline (Krezip) 『50/50』